二重の幅などに違いが出る

二重の幅などに違いが出る

大阪で二重埋没法をするにあたり、注意していかなくてはなることはないのが必至思い描いていた二重瞼になるという訳ではない、と言う事です。そうでないとしましても埋没法の糸といいますのは劣化する為数年で一重に戻る事も有り、更にその糸が瞼の裏から出た状態になると眼球にあたってしまいましたとしてコロコロとした不快感が出せます。糸が脂肪の厚みに耐えられないでしましたり緩んだ場合は自然と一重瞼に戻ります、埋没二重は尚早方で3年、長くても5年ですべての方が一重に戻るケースが多く見て取れます。中には瞼の脂肪が分厚い方がおられますが、そういう方は折角埋没で二重にしましても早々に糸が緩んでしまい一重に戻るケースが有ります。そうした症状が出れば残念ですが糸そのものを除去するより他はありえません。もちろん人間の顔は左右対称ではありませんので、左右で二重の幅などに違いが出る事も考えられますね。

トップへ戻る